2012.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2012.07

英語を勉強していく上で、自分のレベルに合った教材を使うということの大切さを実感しました。

というのは・・・

久しぶりに CNN English Express (朝日出版社) という英語雑誌を買いました。

CNN ニュースから生の素材を集めてある雑誌です。 短いニュースから、3分ぐらいのニュース、

そして、インタビューなど色々なものが載っています。

この雑誌、以前(ずっと前)も何回か買ったことがあったのですが、続いたことがなかった・・・。

いつも、途中で止めてしまっていて・・・。

それが、なぜか今回は、あっという間に1冊、聞き終わってしまった。

なぜかというと、ニュースがスラスラと聞き取れて、面白かったから。

逆を言うと、以前は難しすぎてほとんど聞き取れず、飽きてしまい続かなかったんですね。

少しは背伸びすることが大切でも、やはり、自分のレベルに合った教材を使うということは

大切なんだな、と感じました。


これと同じことが、アルクのヒアリングマラソンでも起こってました。

ヒアリングマラソンを初めて受講したのは、ずっとずっと前のこと。(英語の勉強をやり直す前のこと)

この時の私の英語レベルはというと・・・通訳養成学校の英語専修コースの1番下のクラスにやっと

入れるくらいでした。

この時は、何とか講座を1年間続けたものの、無理やり・・・という感じ。 

何といっても、難しかった・・・。 色々なレベルのコーナーがあるのですが、私に合ったものは

数コーナーだけ。 興味のあったニュースもラジオドラマ コーナーも映画コーナーも

難しすぎてついていけなかった。 だから、つまらない・・・となってしまったようです。

それが、数年前、もう1度受講したときは、面白くて面白くて・・・。 

あっという間の1年でした。

その時の英語のレベルはというと・・・TOEICで800点以上の時です。

ニュースもラジオドラマもかなり聞き取れて、面白かった。 さすが映画は難しかったですが。

やはり、ある程度理解できる内容でないと、やっていてつまらないです。

ついつい、背伸びをしたくなるのですが、背伸びのしすぎは禁物ですね。

「ちょっと背伸びを」 ぐらいでいかないと。




スポンサーサイト

テーマ= - ジャンル=趣味・実用





| Top | Next»